回数や頻度によるキャビテーションの効果。脂肪分解から排出までの期間が焦点。

キャビテーションはいまエステで受けられる簡単なスリムアップの方法として人気を集めています。特殊な超音波を利用し、消防細胞の細胞膜を複数衝突させて壊すことで細胞膜の中から中性脂肪を体の外に出すという仕組みになっています。端的に述べると、脂肪細胞が破壊されることにより脂肪が分解され排出しやすくなるということです。ただし超音波を当てただけではただ体の外に脂肪を流しやすくなった状態というだけであって決して排出されるということではありません。そのままでは体内に壊され分解された脂肪が残ったままになってしまうため、エステではリンパマッサージやエンダモロジーなどの脂肪や老廃物を排出しやすくなるメニューと併用することが多いです。

 

 

 

回数や頻度によるキャビテーションの効果。脂肪分解から排出までの期間が焦点。キャビテーションと他の施術の一番大きな違いは身体に与える負担の小ささとすぐにやせられるということです。別名切らない脂肪吸引と言われますが、通常の脂肪吸引は切開するため、身体に侵襲を与え、瘢痕も残り術後のダメージも心配しなければなりません。しかし、キャビテーションの場合は切ることなく脂肪を排出しやすくさせるため、安全性も高く疼痛も気にすることはありません。寝転んだまま半円の金属を皮膚に当てるだけの施術であるため、非常に気楽に受けることができます。キャビテーションを受けた後は、分解された脂肪やセルライトがリンパ管に流れ体外へ出されます。その期間は3日〜4日程度であるため、回数はそのサイクルで1回、一週間に2回くらいの頻度で施術すると一番短くやせることが出来ます。しかし、エステに日をあけて週二回通うことは結構難しく、たいていは週一回となります。キャビテーションに限らず、痩せるためにエステに行くのであれば間隔をあけるよりも短期集中型の方が効果を得る可能性がより高まります。施術を受けて一度で効果を得る人もいれば、20回受けてキレイになったと感じる人もいます。脂肪やセルライトがどのような状態であるかによって違うため、回数による効果は個人差が大きいです。最低5回は推奨されています。冷え性や水太りしやすくむくみやセルライトが多い人はピンポイントで脂肪を分解できるため、即効性がみられます。一回の時間は部位により違いますがたいてい20分程です。装置により効果が異なっており、値段が高い装置であるほうが効果が得やすくなるため、施術を受ける際には高価な装置を導入している大手の有名なエステであると安心です。